Top >  メルマガ再録 >  真っ赤なバラ

スポンサードリンク


真っ赤なバラ

そろそろ春めいてきた外の風景。
すぐ裏を走る電車の音も、
カタコトといつもよりリズミカルに聞こえる。
そんな風景とは別に小さな事務所の一室は、
膠着状態に入っていた。

「ん~なんかちゃうんやなあ。。」
「…」

不動産チラシの打ち合わせ…
初めての取引先で、社員もいない社長ひとりの会社だった。
とりあえずラフを提出(この行為自体問題なのだが)したものの
お気に召さないようである。

「あ、前に一発で売れた物件のチラシがあるんや!それを見てや。」

ガラッパチ、べらんめえ調という言葉がぴったりの社長である。
関西弁だから、「べらんめえ」というのも変なのだが、
私はこの場合当てはまる言葉を知らないので、
とりあえず「べらんめえ社長」と
心の中であだ名をつけた。

べ:「これや…」

私:「!?」

表面の右下のアイキャッチになる部分に
ド~;ンと真っ赤なバラが鎮座している。

私:「社長、このバラは…」

べ:「どや?グッとくるやろ!」

私:「は…。」

私は、言いたいことをグッとこらえていた。
というより、何を言うべきなのか…分からない。

そして、
もう既に費用対効果とか顧客ニーズとか
効果測定とかマーケティングとかの枠を越えた
領域に飛び込んでいる事を自覚しなければ
ならなかった。

社に帰り、色々考えてみる。
多分通常のパターン、正攻法の構成とデザイン…
つまり物件のメリットを満載したり、家の性能をひけらかしたり
するようなモノでは通らないだろう。

なにせ理屈がないのだから…

グッとこなければ(笑)ならないのだから…

じゃあ…

やっぱり…

バラか!?

いや通すためならなんでもするつもりだが、
これでも私はデザイナーなのだ。
効果がなく、意味のないものは排除しなければならない。

バラに効果がない…?

赤いぞ…

目立つぞ…

十中八九オーケーがでるぞ…

どこかで悪魔が囁く。

妙に赤色が目に痛い…

いや言う通りにしたらそれまでだ!
べらんめい社長の想像を越えるモノを
出さなければ…

そして三日後。
色々と考えた末、二つ案を用意していった。
一つは…

私:「さてこれです。」

ひまわりを配して、キーカラーに鮮やかな黄色を使った。
バラよりは若々しく元気がでるイメージだ。
気が早いけれど、季節もこれからだ。
何より、社長をノックダウンさせる殺し文句も考えてきた。

私:「社長!ひまわりが咲くまでにこの8物件完売しちゃいましょう!」
  「その意味も込めてひまわりにしたんです!」

決まった!私は一人ほくそ笑む…
ま、とりあえずもうひとつの案も出しておくか…

私:「それからこれも作っておきました。バラです。」

なんだ結局作ってるのか…
と、思われた方もいるでしょう。
しかし、
私は仕事を落とさずキッチリ収める、
プロでありたいと思う。

社長の眉間にシワが寄る。
ミリオネアの、みのもんたのような緊張感が走る。
汗が…流れたかもしれない。

「やっぱり…バラやな」


私は、もう何回目になるのか忘れてしまった独り言を
つぶやいていた。
「マタ、ツマラヌモノヲツクッテシマッタ」


 <  前の記事 300ページの孤独  |  トップページ  |  次の記事 効率と丁寧な仕事の微妙な関係  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。