Top >  メルマガ再録 >  ちょっとした質問です

スポンサードリンク


ちょっとした質問です

質問です。

デザイナーとして飯を食う…いつまでできますか?
仕事の質を保つ…いつまで保ててますか?

のっけから厳しい質問ですが、今の私にはどちらも自信がありません(笑)。

ある印刷会社の社長が言われていたことがあります。
この会社は、最近制作プロダクションを買収して
傘下に収めました。
社長曰く
「制作会社の人事評価基準と印刷会社のそれとは
違いが多すぎて統一は難しい」…と。
「でも職種がデザイナーであれ、事務職であれ皆生活がある」
「その彼らの生活を守るのも会社の使命のひとつだ」と。
立派な言葉です。
この方は聡明で、明快な判断をされるとても魅力的な人でした。

でも経営者の立場です
こんな事も言われてました。
「会社の発展のためには優秀なデザイナーを年齢を問わず招きたい」
「でもそれが60歳を超えたデザイナーだったら…ちょっと勇気がいりますね」
あまりに率直すぎて、私はちょっと吹き出してしまいました。

これは経営者として当然の判断だと思います。
会社的には、低コストで質の高い労働が善なのですから、
高年齢の労働者はマッチしにくいのが現実です。
(その人がいるだけで、儲かるというのならばまた違いますが)
また会社のバランスというものもあります。

では60歳でなく、50歳ならOKなのか?45歳は?40歳は…?
答えはとてもグレーゾーンです。

でも我々は50歳以上でも60歳以上でも生きてる限りは
暮らしてゆかなければならないのです。

そして生きてゆくためには、同じ収入額とはいかなくとも、
すこしでも稼ぐために、当然デザイナーを続けます。

するとあたりまえの事ですが、
年齢と共に量をこなすことが無理になりだします。

量が無理となると残りは質です。
もちろん、それまでまじめにデザインに取り組んでいれば、
年齢と共に質は必然的に上がってきます。(よね?)

しかし残念ながら質とギャラが比例する事は
年々難しくなっています。
もっとも「昔から比例なんかしてねーよ」という
話もありますが…。

ではどうしたらいいのでしょう?

私もいくつか道を模索しました。
そして今も模索中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ デザイナー3年目●クライアントとのつきあい方読本
■ 発行元:ふつうのデザイン
http://ordinary.jp/
■ 発行者:安西正隆
mail@ordinary.jp
■ 登録はコチラ

copy right (C) 2009 ordinary design all right reserved.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <  前の記事 これもデザイン?  |  トップページ  |  次の記事 あるAD(アートディレクター)さんのつぶやき  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。