Top >  メルマガ再録 >  あるAD(アートディレクター)さんのつぶやき

スポンサードリンク


あるAD(アートディレクター)さんのつぶやき

いや結局ね、
AD(アートディレクター)だD(デザイナー)ってもね、
芸者さんと変わらないのね実は。

AE(営業)がたいこもちで、制作会社が置屋で、
クライアントさんはもちろん 旦那衆なのよね。

だから、
旦那に気に入ってもらえたらお座敷が増えて、
昔は水揚げされて囲われる人もあったわね。

まあ、形としてはその会社に移籍するもしくは
ハウスエージェントになるということなんだけどね。
でもそれがアガリってわけでもないのよね。

最近ずいぶんと若いうちから
一本立ちする人たちが多いみたいね。
あたしからすると、早すぎるんじゃないって思っちゃうんだけどねえ。
みんな大丈夫なのかしら?

本芸のデザインの力はもちろんだけど、
実は、結構余芸が物言うのよこの世界。

う〜んそうねえ。
あたしがアドバイスするとしたら…

本当に、お座敷減らないようにするには余芸を磨かなくっちゃダメ。
「手間だけど御社のためにやります。踊り」や
(コレは目線が大事なのよ。目線を流す人を間違えないようにね。)

「大丈夫私に任せて下さい…よくわかんないけど頼もしそうな唄い」とか
(旦那をニッコリさせたら成功と思っていいわ)
こんなお座敷芸は基本だし…

あとは、
ピクリと旦那の耳が立つ情報を普段から仕入れたり、
旦那好きのする話芸も研究しなくちゃね。

でも最後に
「いや良かったよ。あんたのお座敷はまた見たいね。」って
旦那に言わせた時が一番嬉しいわね。

なんだか、私のすべてが認められちゃったって感じかな?

この道は中々厳しいけど、
こんな事があるからやりがいはあるわね。

あ、もう次のお座敷行かなくっちゃ。
じゃね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ デザイナー3年目●クライアントとのつきあい方読本
■ 発行元:ふつうのデザイン
http://ordinary.jp/
mail■ordinary.jp
お手数ですが■には半角@を入れてください。
■ 登録はコチラ

copy right (C) 2005-2010 ordinary design all right reserved.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <  前の記事 ちょっとした質問です  |  トップページ  |  次の記事 聞かせ‥とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。