Top >  メルマガ再録 >  1995年ごろのデザイナーの話

1995年ごろのデザイナーの話

その時私は大阪の郊外にある
大き目のスタジオにいた。
目の前には真新しいMacが鎮座している。
スペックは、
power pc 604e 200MHz メモリは256MBも積んでいる。
モニターもソニーのトリニトロン17インチだ。
スキャナも接続されている。これもエプソンの新商品。
わざわざ工事して引いた回線は今最速のISDNだ。
装備は充実しており、私は満足だった。

1995年ごろの話である。
インターネットも毛が生えた程度の時代‥
デジタルカメラなど、RGBで三回シャッターを切るので
静物しか撮れない、しかし数千万もする無意味な機械でしかなかった。
そんな時代、スタジオにこれだけの装備を持ち込んで
何をしようとしていたのか?

この豪華絢爛な装備は、クライアント事情でこんなことになったのだ。
まあ会社というのはクライアントの事情が無い限り、
経費の「け」の字を言うのさえも、いやな顔をするのがふつうだ。
しかし上得意が何かひとこと言えば、カボチャも馬車に化けるのである。

ともかくこの装備を使って、
大阪のスタジオと東京のクライアントのデスクで、
ポラチェックをしようというのだ。

ポラチェックをご存じない方にちょっと説明。。。
ポラチェックというのは、フィルムで撮る際にどのように写るかを
ポラロイドフィルムで撮って本番の前にチェックする
という結構重要な作業。
これはスタジオの現場でないと当然無理な作業です。
つまり、東京から大阪へ出張するのが体力的にも精神的にもツライから
何とかしてくれ‥というクライアント事情からこんな大事になってしまった。

もちろん現場はブーイングの嵐である。
スタイリスト、カメラマン、進行役‥皆が反対した。
「だって進行がメッチャ遅れますよ~」
「ただでさえポラチェックに時間がかかるのに‥」
「現場のしんどさが分からんじゃないですか」

こんな時は、もうADの権限で強権発動しかない。
「やるっていったら、絶対やるの!」
まるで子供である。

そしてテストを兼ねた本番が始まる。。。
手順としては、
セッティングができアングルも決まった、

そこでポラを引く、

そのポラをスキャナで取り込み、

データ化し、ISDNで送る。

それを東京で確認してもらい、

修正箇所や確認を取ってから

私がGOを出し、

カメラマンがシャッターを切る。

という流れである。
確かに面倒な手間が多い‥
まあ後は馴れだろうとタカくくる。

第一便を送った。。。。
5分‥10分‥えらく答えが返ってこない。
心配になり連絡しようとした時、電話が鳴る。

「ハイあ、どうも。どんなもんですか?」
「え?拡大?ハア‥」
「あ、なるほど‥了解しました。」
「はい、はい、ではまた。。」

なんと恐ろしいことに、
彼らは、送ったデータをフォトショップのルーペツールで
目一杯拡大して確認していたのだ!

拡大し、時間をかけて丹念に画像をチェックし、
「糸くず」がついてるから、それとっておいてね~
というのが答えだったのだ。。。

これにはさすがに参った。
通常ポラチェックなぞ、ものの3分で終わるのだが、
30分かかってしまった。。

敗因は分かっている。
緊張感がないのだ。
現場で一緒になってやっていると、
スタッフの緊張感がビシビシ伝わってくる。
それに影響されて、
クライアントもチェックを真剣にするし、
そして集中もするのだ。
それが撮影立会いの良さであり、醍醐味でもある。

でも今通じているのは、頼りない、細い電線なのだ。
これでは緊張感は伝わらない。

しかし、このやり方はもう始まってしまったのだ。
あきらめるしかない‥

ないのか‥

とその時、わが社の本部長がドヤドヤと乗りこんできた。
普段こんなとこへ来るような人物ではない。
しかし、彼は新しいモン好きなので、
珍しく「現場へ見に行くぞ」と連絡があったのだ。
私はそのことをすっかり忘れていたので、
今朝何気なく「週間実話」をロッカー内に隠した自分をほめていた。

いや、そんなことじゃない。

予想以上に時間がかかっている
この状況の打開策を彼なら知っているかもしれない。
なんせ、新しモン好きなのだから、ひょっとして‥

一応状況の説明をする。。
フムフムと本部長。
「なるほど。それならな‥」
「何か手立てはあるんですか!本部長!」
「東京本部のT君に連絡してな、」
「先方のルーペツールを壊してもらいなさい」
・・・・・・
1995年ごろの話である。

 <  前の記事 デザイナーの怖い話2 「真夜中のコピー」  |  トップページ  |  次の記事 300ページの孤独  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。