Top >  対クライアントマニュアル >  デザイナーがポイントを聞き出すコツ5

スポンサードリンク


デザイナーがポイントを聞き出すコツ5

デザイナーが、制作に必要な大事な3つのポイントの最後は、
「求めているもの」=知名度、集客 です。
これは、クライアントがこの制作物で何を期待しているか?ということです。

この答えは大きく2?3つに分類できます。
1 たくさん売れてほしい。  分かり切ったことですね(笑)
2 広く知れ渡ってほしい。  新規オープン、イベントなどの場合。
3 たくさん集まってほしい。 これもほぼ同上。

この他に番外編として「社長の趣味にあうものができればいい」というものも
あります。(笑)

番外は問題外とすると、大きくはこのように別れます。
そしてこの「求めているもの」というのは、デザイナーにとってどんな意味が
あるのでしょうか?
私は、はっきりいって、ひとつの要素でしかないと思っています。

非難を浴びるかもしれませんが、求める効果が測定できるものでも(集客数、売り上げ)
測定できないもの(認知度)であっても、すべて結果論でしかないと思うからです。
(かなり限定的な言い方ですが)
デザイナーが「求められる結果」をコントロールすることは出来ないのです。

 <  前の記事 デザイナーがポイントを聞き出すコツ4  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーがポイントを聞き出すコツ6  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。