Top >  対クライアントマニュアル >  デザイナーに仕事を発注する事4

スポンサードリンク


デザイナーに仕事を発注する事4

デザイナーにデザインを発注するクライアントが、
車、保険、ちょっといい服などを買うイメージでいれば、
デザイナーが気をつけることは明確でしょう。

それよりも実は大きな問題をもつクライアントがいるのです。

吉野家で牛丼を注文する。
自動販売機でジュースを買う。
KIOSKで雑誌を買う。
こんな意識でデザインを買おうとしているクライアントもいます。

つまり
デザインはどのデザイナーから買っても同じで、
しかも、簡単にすぐできるものだ…と考えている人々です。

お手軽にやっといて・・・簡単に言うとこの程度の意識で
デザイナーに発注しているのです。

余談ですが、車と牛丼、ジュースと保険、雑誌とちょっといい服
これらを対比させると見えてくる物があります。

それは、価格が桁違いであるということ。

私は、常にデザイン費はできるだけ高く請求すべきだと思っています。
なぜなら、安いものはそれなりの扱いしか受けられないからです。

なんだか結論じみた話になってしまいましたが、まだ後に続きます。

 <  前の記事 デザイナーに仕事を発注する事3  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーに仕事を発注する事5  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。