Top >  対クライアントマニュアル >  デザイナーがポイントを聞き出すコツ1

スポンサードリンク


デザイナーがポイントを聞き出すコツ1

さてここで、デザイナーがクライアントに対して、 制作に大事な3つのポイントを説明する場合のコツなどを解説してみましょう。 まず、最初のポイント 「誰に」=ターゲット →相手を決める必要性を説く。 デザイナー側としては、制作時に当然必要なポイントで、伝える相手が分からなければ アプローチのしようがありません。 と、デザイナーからの立場で話し出すと、抵抗するクライアントもいます。 そこで、 無駄な弾を撃つと無駄に経費を使うことになりますよ、 だから、できるだけターゲットを絞ろうね。という具合に諭します。 ポイントは、「無駄な経費」ですね。経営者にはめっぽう効く言葉です。 ターゲットは全方位だ!などと言う輩には、 「じゃあチラシだけじゃなく、リーフレット、パンフレット、車内吊りに 懸垂幕にアドバルーンとCMも必要ですよね!」と話を思いっきり広げてあげましょう。きっと考え直します(笑) もしターゲットが決まらなくとも、ターゲットは絞らなければならない… という最低限のことを理解させましょう

 <  前の記事 クライアントは相談したがっている3  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーがポイントを聞き出すコツ2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。