Top >  対クライアントマニュアル >  デザイナーが気をつけなければならないクライアント1

スポンサードリンク


デザイナーが気をつけなければならないクライアント1

デザイナーにデザインを発注する人をクライアントと呼びます。
このクライアントという人々の、デザインに対する意識は
非常に種々雑多です。
その中でもデザイナーが、気をつけなければならないタイプの
クライアントが存在します。

それは、
デザインは、100円入れてボタンを押せば出てくるようなモノだと
安易にデザインを考えているタイプのクライアントです。
このタイプのクライアントの最大の問題は、その考え方にあるのではなく
往々にして「安易にデザインを考えている」と、
自分では思っていないところなのです。

この手のクライアントの特長として、

モノをつくるには時間がかかるという理解がない。
安易に修正をする。

という二点があります。

と、ココまで読むとウチのクライアントは皆当てはまるじゃないか!
というデザイナーの方がおられるのではないでしょうか?
まあ、これが笑い話にならないくらい
「安易にデザインを考えている」クライアントが多いと思われます。
さて、それについては次項にお話を移しましょう。

 <  前の記事 デザイナーに仕事を発注する事6  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーが気をつけなければならないクライアント2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。