Top >  クライアントと対峙する >  デザイナーがクライアントの不備を正す5

スポンサードリンク


デザイナーがクライアントの不備を正す5

デザイナーとして仕事をしているのだけれど、内容がどうもクリエイティブじゃないなあ
と感じることはないですか?
それは、クライアントの課題に原因があるのです。
前項までに書いてきた、制作を依頼する場合の3つのポイントをクライアントに説明して
理解を得るという行為は、すべて一つの形に集約されます。
それは…

デザイナーとしての本来の仕事に、時間を費やせるということです。
根本的に、大切なポイントというのはクライアントが決めるべきものです。
デザイナーから先に提案するものではありません。
ましてや、そのために時間を割くのは無駄なのです。

クライアントから課題のポイントと意向を提示されて、疑問を覚えた場合に
初めてそのポイントをデザイナーとして検証することが本来の姿なのです。
この本来のあるべき姿で、初めてクリエイティブな仕事となるのです。

 <  前の記事 デザイナーがクライアントの不備を正す4  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーがクライアントの不備を正す6  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。