Top >  クライアントと対峙する >  デザイナーがクライアントの不備を正す3

スポンサードリンク


デザイナーがクライアントの不備を正す3

売り上げを上げなければならないクライアントが、効果があるかどうかを左右する
大事なポイントの決定に関与していない…
デザイナーの仕事に、これがどんな影響を及ぼすのか?

簡単にいうと、クライアントは真に納得していないということ。
そのため、進行方向や主旨の途中変更が起こります。
デザイナー主導で、制作当初は始まりますが、デザイナー案が真に売り上げに貢献するか
否かはクライアントにしか分かりません。
プレゼン時には「キレイ」で「カッコ良く」て「理屈が通った」プランを見せられるので
その時点では、とても良い案だと思ってしまうのです。
しかし、制作が進むにつれ「これでいいのか?」という疑問が頭をもたげ、そのうちに
「やっぱり違う!変更じゃぁ!」となるのです。

それもこれも、結局はクライアントが大事なポイントに関与していないからなのです。
しかし、クライアントは大事なポイントが分からない…
そこで、デザイナーであるあなたが、説明をしなくてはいけないのです。

 <  前の記事 デザイナーがクライアントの不備を正す2  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーがクライアントの不備を正す4  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。