Top >  クライアントと対峙する >  クライアントは相談をしたがっている1

スポンサードリンク


クライアントは相談をしたがっている1

デザイナー打ち合わせの席に呼びたがるクライアントは、
相談をしたがっている場合がほとんどなのです。
何を相談したがっているのかは、ケースバイケースですが
デザイナー(制作関連者)を指名する場合、多くは表現面のことになるでしょう。
しかし、ここで決めることは色や写真やイラストの有無などではありません。

無論クライアントは、そのような具体的な事を決めたがるでしょう。
それはそれで構わないと思います。しかし、デザイナーであるあなたが
同じように、末端の話だけにとらわれていてはいけません。
デザイナーは枝葉の話を本筋に戻す必要があるのです。

本筋とは何か?それは、前項から何度も書いているポイントの把握なのです。
なにせ、ポイントが把握できてない者どうしが話をまとめても、
砂のお城といっしょで「で、何が売りたいの?」というひと言で
サラサラと崩れてしまいます。
まずは、デザイナーがそこを正すようにしましょう。
本当の相談はここから始まります。

 <  前の記事 デザイナーがクライアントの不備を正す6  |  トップページ  |  次の記事 クライアントは相談したがっている2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。