Top >  クライアントについて >  クライアントにはなぜ「変更・修正」するのか?5

スポンサードリンク


クライアントにはなぜ「変更・修正」するのか?5

デザイナーが作ったスケジュールを、クライアントの担当者にだす。
この行為自体は「変更」をさせない事に直結しているわけではありません。
ただ、スケジュールという契約があると、心のブレーキにはなり得ます。
また、ひと言「上司の方にも見せておいてくださいね」と添えておくと、
より効果的です。

ここで「スケジュールなんていつも無視されているよ!」という意見がでるでしょう。
しかし、そのスケジュールはデザイナーが作ったスケジュールですか?
担当営業がでっち上げたものではないでしょうか?
往々にして、営業マンが作るスケジュールは、クライアント事情ばかりを考慮したもの
になっているはずです。そんなスケジュールでは、負担はデザイナーにかかるばかりです。
おまけに、クライアントとすりあわせをされていないスケジュールが多々あります。

デザイナーがスケジュールを決めましょう。
その際には、もちろんデザイナーが有利になるように作ることが基本です(笑)

 <  前の記事 クライアントはなぜ「変更・修正」するのか?4  |  トップページ  |  次の記事 クライアントはなぜ「変更・修正」するのか?6  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。