Top >  クライアントについて >  クライアントの不備を探る5

スポンサードリンク


クライアントの不備を探る5

デザイナーからすると、必ず必要で大切なこの3つのポイントなのですが、
特に「誰に」「何を」の二点を提示できないクライアントがほとんどなのです。
前項では、ポイントを知らないと根本的なパターンを説明しましたが…

また別な原因として、
クライアントが、様々な情報に左右されている場合があります。
あのキャンペーンが当たった‥とか、
あのデザインが流行っている‥とか
色々な現象や聞きかじりが混沌となり絡み合って整理できていないのです。

しかもその絡まっている状態を自身で認識していない。
つまり自分では理解できていると思っているのです。

ご存知のようにデザインの造り(構造)は、その発生の土台に依存します。
平たく言えば、「誰に」「何を」の土台がなければ成り立ちません。
クライアントのデザインに対する考えはこの土台なしで
語られることが多いのです。(場合によってはほとんどですね)

デザイナーであるあなたは、まずこの事実を認識しましょう。

 <  前の記事 クライアントの不備を探る4  |  トップページ  |  次の記事 クライアントはなぜ「変更・修正」するのか?1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。