Top >  クライアントについて >  クライアントの不備を探る4

スポンサードリンク


クライアントの不備を探る4

デザイナーにひとつの制作依頼があった場合、
まず必要なことは、デザイナーが考えるべき課題はどれか?を
見極めることが大事です。
すると、本来クライアントが考えるべきポイントが、
多々抜けている事がよくわかります。

3つのポイント、

「誰に」=ターゲット
「何を」=商品、サービス
「求めているもの」=知名度、集客

では、なぜこの大事な3つのポイントが抜け落ちるのでしょうか?

クライアントにはそれぞれ「事情」というものがあります。(笑)
デザイナーはそれぞれの「事情」にも対処してゆく必要があります。(涙)
しかし、事情は事情として、いったん横へ置いておきましょう。
すると、よく共通しているパターンが見えてくるのです。

それは…
「この3つのポイントを知らない」というパターンです。

もちろん、3つのポイントを押さえてオリエンしてくれるクライアントもいるのですが。
これらのポイントを、デザイナーがクライアントから引き出す方法は、別項にて書きます。

 <  前の記事 クライアントの不備を探る3  |  トップページ  |  次の記事 クライアントの不備を探る5  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。