Top >  クライアントについて >  クライアントの不備を探る1

スポンサードリンク


クライアントの不備を探る1

デザイナーさんが考えてよ。ウチはプロじゃないんだから…
と、打ち合わせの時に言われた経験を、あなたはお持ちではないですか?
多分かなり多くの方がその経験をお持ちだと思います。
で、こう言われた場合どうしますか?

まず、それは本当にデザイナーが考えることなのか?
この検証からしなくてはなりません。
しかし、こんな疑問が湧いた場合、実はクライアントが考えるべき
問題である場合がほとんどなのです。
では、クライアントがデザイナーに依頼する際、最低限考えなければならないこと
とはどんなことでしょうか?

デザイナーに対して、クライアントが制作を依頼する場合、
最低限考えなければならないことは、

この制作物で「誰に」「何を」伝えたいか
そして「何を求めている」のか
ということです。

これが出来ていれば、後はデザイナーの仕事となるのです。
ところがこれが出来ていないクライアントが
ほとんどないのです。

 <  前の記事 デザイナーの意識改革まとめ  |  トップページ  |  次の記事 クライアントの不備を探る2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。