Top >  デザイナーがすべき事 >  デザイナーの意識改革まとめ

スポンサードリンク


デザイナーの意識改革まとめ

デザイナーがクライアントと対等の立場で仕事をする為に、
デザイナー自ら意識改革を行わなければならない。

まずは、デザインによってクライアントの問題を解決することが
デザイナーの本来の仕事であることを自ら認識し、
「クライアントのミスのフォロー」や
「クライアントが原因で無駄な時間を割く」ということは仕事ではないと確認する。
またそれを、クライアントにも認識させることも重要。

次に、冷静に自分とクライアントの関係を分析する。
「クライアントは、なぜあなたにデザインの仕事を依頼するのか?」と
自らに問うことが必要。
そこで出てきた答えの中に、「安いから」という価値基準があれば
排除しなければならない。
また、現在は価格という基準で測られていない範囲の仕事でも、
これから価格競争に巻き込まれる可能性は残っている。

さて次からは、クライアントとはどのような生き物か?(笑)を
展開してゆきます。

 <  前の記事 デザイナーの意識改革10  |  トップページ  |  次の記事 クライアントの不備を探る1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。