Top >  デザイナーがすべき事 >  デザイナーの意識改革中間まとめ

スポンサードリンク


デザイナーの意識改革中間まとめ

デザイナーは、デザインによってクライアントの問題を解決することが仕事であり、
デザイナーは、クライアントと対等の立場で仕事をしなければならない。
では、デザイナー側ではどのような行動を、起こさなければならないか?
それには、まずデザイナー自身の意識改革が必要なのです。

前提として、我々デザイナーは、デザインによってクライアントの
問題を解決することが仕事。

意識改革の最初は、百害あって一利無しの「クライアントのミス」という問題を
避けて通らずに真っ向から対峙すること。

次に、デザイナー、クライアント共に本来「クライアントのミス」を防ぐことが
本来の仕事ではない…ということを認識する。

これらを認識することで、デザイナーの仕事を正当に評価してもらう。

ここでは、「クライアントのミス」をフォローするということを挙げましたが、
他にも「無駄な時間をとられる」などもクライアントの問題行動といえます。

 <  前の記事 デザイナーの意識改革4  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーの意識改革5  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。