Top >  デザイナーがすべき事 >  デザイナーの意識改革7

スポンサードリンク


デザイナーの意識改革7

デザイナーを本気で続けてゆきたいと考えているあなた、
さて、「クライアントは、なぜあなたにデザインの仕事を依頼するのか?」という
問いに、あなたなりの答えは出たでしょうか?
どんな答えが一番多いのか?私には分かりません。でも…
デザイナーがクライアント対等の立場で仕事をする…という目標からすると、
大変まずい答えがあるのです。
それは「安いから使われている」という答えです。

デザイナーという仕事は、比較的個人の能力に依存します。
そのため、このデザイナーのデザインが好きだ…とか、このデザイナーの
センスが良い…という評価基準があったりします。(これも色々問題を含みますが…)
ですが、価格という評価基準でデザイナーを選別した場合、
より価格が低い方へ、仕事が流れてゆきます。
価格が判断基準になれば、当然市場原理が働きます。
もちろんクォリティは?という問題もあるのですが、この問題は広義に捉えれば
いつだって付いて回る問題です。

 <  前の記事 デザイナーの意識改革6  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーの意識改革8  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。