Top >  デザイナーがすべき事 >  デザイナーの意識改革2

スポンサードリンク


デザイナーの意識改革2

デザイナーのストレスと言えば、クライアントとの関係が上げられます。
しかし、その関係を見直すことでストレスが減ることとなり、
また新たな展開が見えることになります。
さて、前項でクライアントとの「上下関係みたいなもの」意識から脱却せよ
と勧めましたが、具体的にはどのようにすればいいのでしょうか?

デザイナーとして、いままであなたが真面目に勤めてきたのなら、
常に感じてきたことがあるはずです。
それは、「クライアントはミスを犯す」ではないでしょうか?
ここでいう「ミス」とは、単なる原稿のミスや、整理・連絡不足などいわゆる凡ミスです。
そして、「クライアントはミスを犯す」という事を前提として、
仕事にかかるのではないですか?

多分デザイナーの多くの方は、うなずいておられると思います。
そして仕事の大半を「クライアントのミス」のリカバリーで費やす…
といった場合も多々あるでしょう。
しかもミスったからといって、納期が延びたり、ギャランティがアップする
なんてことも期待薄です。
この、百害あって一利無しの「クライアントのミス」を避けて通らずに
真っ向から対峙することが、意識改革の入り口なのです。

 <  前の記事 デザイナーの意識改革1  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーの意識改革3  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。