Top >  デザイナーがすべき事 >  デザイナーの意識改革10

スポンサードリンク


デザイナーの意識改革10

この項での当初に、
自分はデザイナーとしてクライアントに必要とされているのか?
「クライアントは、なぜあなたにデザインの仕事を依頼するのか?」という分析を
提案したのですが、これはデザイナーとクライアントの関係を「客観視」し
冷静に事実を把握するためでした。
「言われなくても、そんなことは分かってるわい」といわれる、
デザイナーもおられるでしょう。

デザイナーはいずれにしても、自分の感覚とか、自分の志向に走りがちですから、
クライアントとの関係でも視野狭窄状態になりがちです。
つまり、必要以上に「言われた通りにしなければ」「ミスをフォローしなくては」と
思いこみ、仕事全体を冷静に判断できていないことがよくあります。

個人的にも、ああそういえば、あの時がそうだったなあ…と思い出したりします。
もっとも、その現場では中々冷静になれないのですが…。
そのこともあり、クライアントとの関係を一度冷静に客観視する。という行為を
お勧めしたのです。

また脱線気味ですが、次はここまでのまとめをしてみましょう。

 <  前の記事 デザイナーの意識改革9  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーの意識改革まとめ  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。