Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーとクライアント最大の思い違い9

スポンサードリンク


デザイナーとクライアント最大の思い違い9

デザイナーの価値と定義した、「形のないものに形やイメージを与える」技術ですが、
この技術に対して対価を払うということについて、
クライアントが慣れていない場合が多いことも確かです。

そのような状況で、デザイナーの価値を認めさせることは非常に困難です。
キャビアが旨いといっても、好きではない人にその価値を認めさせるのは
非常に困難だということは、みなさん想像できると思います。

そうなると、こちら側の世界…つまりデザイナー業界という土俵へ連れ込むことは
困難に思えます。
そこで、デザイナーの価値を認めさせるため、本意ではないのですがデザインを
考える時間も、作業する時間もまとめて時給として表現する方法があります。

これは、あまり推し進めると本来のデザイナーの価値が反映されなくなるので、
諸刃の剣とも言える考え方でもあります。

 <  前の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い8  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い10  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。