Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーとクライアント最大の思い違い8

スポンサードリンク


デザイナーとクライアント最大の思い違い8

デザイナーやデザインへの理解度が低いクライアントと対峙する場合、
まずは「時間」を理解してもらうため、スケジュールを出すことを提案しました。
そしてその次として、もうひとつ「価値」について理解度を高めてもらうための
作戦を立てましょう。

その前にデザイナーやデザインの「価値」とは何かを明確にします。
対象の商品やサービスなど、形のないものに形やイメージを与えることが
デザインという作業です。
デザイナーの価値は、「形のないものに形やイメージを与える」という技術です。

ただし、この価値はなかなか認めてもらえません。
私からするとまったく「不可解」な事象です。
なぜなら、デザイナーがギャランティをもらえる唯一のポイントだと思うからです。

ですから、デザイン料として形にした分だけ、ギャランティを上乗せしてもらっても
よいぐらいだと考えています。

しかし、現実はそこまで進化していません。

 <  前の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い7  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い9  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。