Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーの扱いが上手いクライアントとは?3

スポンサードリンク


デザイナーの扱いが上手いクライアントとは?3

デザイナーの扱いが上手いクライアントがもしいたとしたら、
それは簡単に言うと「人を使うことが上手い人」ですね。
そして、こんな人は稀にしかいない…
これは覚えておかなくてはなりません。

そして現実は、大概がデザイナーの方がクライアントをなだめすかして
原稿を出させたり、指示を出させたり、決定をさせたりします。
どちらかというと、デザイナーの方が人使いが上手くなる環境が揃っている
とも言えるでしょう。

もっとも、そこがデザイナーのストレスのひとつでもありますが。

余談ですが、私が思うに…
デザイナーを上手く乗せて良い物を作らせることができる人は
どんな人間も上手く使えるのではないかと思います。

あまり、良い結論ではないのですが
「人を使うことが上手い人」担当者は稀にしかいない。
ということを覚えておいてください。
では、もしデザイナー扱いが上手いクライアントと出会ったら…
それはもう絶対に放さないことです(笑)

 <  前の記事 デザイナーの扱いが上手いクライアントとは?2  |  トップページ  |  次の記事 vol.95 クリエイターのサーモスタット  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。