Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーとクライアント最大の思い違い3

スポンサードリンク


デザイナーとクライアント最大の思い違い3

デザイナーやデザインに理解のないクライアントを相手にする場合には、
ある方向性…簡単に言うと「作戦」をひとつ決めましょう。

その作戦とは、
デザイナー業界という土俵に、クライアントを乗せてしまう作戦です。
どんなことでも同じなのですが、自分が相手に勝とうと思うならば、
相手のテリトリーで戦ってはいけません。
あくまで自分が強いテリトリーで戦うべきなのです。

つまり、デザイナーである、あなたならばデザイナー業界へ
クライアントを連れ込んでしまえば良いのです。

デザイナー業界へ連れ込む?
これは、簡単に言うとデザイナー業界のルールにはめ込んでしまうということです。
具体的には、デザインを考える、デザインをおこすにはそれなりの時間がかかる…
むやみやたらに、他のデザインをパクらない。パクるにはそれなりの流儀があること…
写真も勝手に流用しない。著作権を尊重する…等などを
判断基準にしてしまうことです。

 <  前の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い2  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い4  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。