Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーとクライアント最大の思い違い2

スポンサードリンク


デザイナーとクライアント最大の思い違い2

さてデザイナーが、デザインやデザイナーに理解のないクライアントを
相手にする場合…しかも、ほとんどのクライアントがそうである場合、
どのように対処すれば良いのでしょうか?

まず、ひとつ考えて欲しいのは、デザイナーであるあなたは、他業界のことを
どの程度知っているか?ということです。
たとえば、葬儀業界の営業活動はどうなっているのか?
インテリアメーカーの頭痛のタネとなっているのは何か?
多分これらの業界の仕事をしなければ、知り得ないことでしょう。

これと同じなのです。クライアントもデザイナー業界の常識や約束など
知らないのです。
デザイナーは、このことを念頭に置いて、クライアントに応対しなければいけません。
自分がクライアントの業界を知らないように、
デザイナーのことを、クライアントも知らないのだと…

こう考えると、気持ちが大きくなりませんか?
少々のことでも、親切に説明しようか…などという
気持ちのゆとりができるでしょう。

 <  前の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い1  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い3  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。