Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーの扱いが上手いクライアントとは?1

スポンサードリンク


デザイナーの扱いが上手いクライアントとは?1

デザイナーはいつもクライアントのお守りをする役ばかりだ…と
考えていませんか?

実際クライアントは、我々デザイナーからすると
デザインに関しては素人ですから、
こちらが頭にくるような要求を「気軽」に「平気」でしてきます。

ところがここで、怒ったり恨んだりすると「ワリを食う」のはデザイナーの方です。
怒りとか恨みとかマイナスの感情は、制作物に大きく影響してきます。
決して悪い方向ばかりには出ないでしょうが、
何より制作中気分が悪いのは問題です。
体調にも影響するでしょう。

しかし、クライアント自身は、自分では何も間違った事をした意識はありませんから、
デザイナーはとても扱いが難しいのです。

そんな日々を過ごしていると、デザイナーの扱いが上手いクライアントがいればなあ…
などと夢想することもあるでしょう。
では、デザイナーの扱いが上手いクライアントなんて存在するのでしょうか?

 <  前の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い12  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーの扱いが上手いクライアントとは?2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。