Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーとクライアントは対等の立場1

スポンサードリンク


デザイナーとクライアントは対等の立場1

デザイナーがクライアントと対等の立場で仕事をする…という状態は、
私はごく自然な状態だと私は思います。
この、デザイナーがクライアントと対等の関係である必要性について、
明らかにしておきましょう。
まず、クライアントは依頼者であること。依頼者というのは、依頼する相手に
専門性を求めています。
つまり、デザイナーであるあなたに「デザインの専門性」で、「問題を解決」を
望んでいるのです。

たとえば、これと同じ構造の業種として「医師」「弁護士」があります。
医師は患者に治療とアドバイスを与えます。
弁護士は、依頼者にトラブルの解決法方法と、その弁護を行います。
デザイナーの仕事はこれに習うと、クライアントの持つ問題をデザインと
アドバイスで解決するということになるでしょう。
つまり、患者でも依頼者でも、なにかの「問題」を抱えていて
それを医療や法律の知識やデザインの技術などの「専門性」で解決してほしい
という構図があるのです。

 <  前の記事 デザイナーとして生きる  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーとクライアントは対等の立場2  > 

コメント (1)

chika:

同感いたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。