Top >  デザイナーとクライアント >  デザイナーとクライアント最大の思い違い10

スポンサードリンク


デザイナーとクライアント最大の思い違い10

デザイナーの仕事を時給計算だなんて、バカにしていると思われた方…
あなたは、間違っていません。それどころか、その考え方は最も正しいと私は思います。

もちろん、クライアントでもデザインの価値を充分認識した人ももちろんいます。
できれば、そのようなクライアントばかりを相手に仕事をしたいものですが、
世の中そうもいきません。

また、デザイナーとデザインの価値を理解したクライアントであっても、
基本的にビジネスというカテゴリーから外へは出ません。
出たように見える時もありますが、多くは勝算があるか、マイナスが少ない場合でしょう。

このように、デザイナーとデザインはビジネスから切り離しては考えにくいものです。

デザイナーが、そもそもクライアントと対峙する時というのは、
デザイナーの価値を商品として売ることなのです。
であれば、一番大事な点については相手が理解しやすい表現…時給計算という
表現をすることもひとつではないかと思うのです。

 <  前の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い9  |  トップページ  |  次の記事 デザイナーとクライアント最大の思い違い11  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「デザイナーの仕事」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。